命は下書胃下垂き

は書道の時に、私はかつて私の先生の話を聞いたというストーリー:

ある書家習字を教える .あるとき、よく廃新聞習字の学生で、彼は勉強について自分を反映書家は長いが、ずっと大の進歩がない.書家からあなたに切り替えるには最高の紙が書いて、もっと.

あの学生は言われるままにする.やっぱり、しばらくして、彼の字が上手.彼は変な書家の原因は何か.書家はあなた古い新聞で字を書くときも、感じは下書きしてても、いいことなくてもいい、どうせまたの紙から、完全に専念できません;で最高の紙、あなたをかわいがっていい紙を感じた貴重な機会を投入し、気持ちも普段よりもっと练習に専念する.心に書く字はもちろん、進歩.

本当に、普通の日がどのみち私達にさりげなくてつまらない廃紙として、塗って壊れてもかわいがらない、と思ってあって、平板な古新聞も多い.実際には、このような心理状態を私たちは一日すべてはチャンスとすれ違った.

は演習ではなく、真剣勝負の実戦.

実はも与えず私たちの下書きの機会に、私たちが考えるの草稿、実ははもう私たちの人生の答案を変更できない.

毎日その命をとして最高の1枚の紙のだろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です