心臓病発作後、胃下垂シーマ厳禁?

ウメは医学センターで、患者は病気後の性需要問題を心配するが,胃下垂、研究結果によると,大半は根拠がないと指摘している.多くの人は心臓病と手術後の第二週間に回復することができる.心臓に対しての負荷は、ほとんどは、1つのステップ、擦の床または1段の床または2段のステップ.ある角度から、性行為と他の体力の活動は同じで、すべて動悸が加速して、呼吸の頻度と血圧が高くなることができて、だからあなたは適度にする必要があるため、恐れて、しかし恐怖はありません.

pは他の活動に従事するように、性行為時も漸進方式をとる
.君に心臓の健康に自信が日に日に増えるが、徐々に回復して通常の性生活.友達との討論が大事な、恐怖と疑問を軽減することができる.何度注意するのは、短い性の需要が変わるのは正常です.

Pは、B交感神経が遮断剤、低下する可能性があるが、ストレスと緊張の影響は薬物より深刻に影響を与える可能性があります.あなたは医師またはその適切なリハビリチームメンバーが性欲低下の問題を検討することができる.

もし服用治療心血管疾患の長期型硝酸薬で治療薬は、壱勃起障害、例えば威而剛、乐威壮と鋭い士ブースト性機能.血圧の大幅ダウン、潜在的な危険性があります.

p>と<、例えば、重いや制御困難の高血圧や鬱の気骨の心臓衰弱疾患,特に半年以内にあった心臓発作などの不安定冠心疾患の患者は、勃起障害の治療薬を使う時には非常に気をつけて.心臓血管疾患患者性機能障害の重要な薬品を治療しているが、薬を飲む前に医師も重要だ.

は、ほかにも心配があり、医師として検討することができます.胸の痛みを感じたら、呼吸が極度に順調ではありませんて、または性行為で感じときめき不規則はすぐに停止を求めて、くれぐれも欲張る速い.

異常刺激の性行為はもっと避けて.国外の研究は、偷情あるいは一晩中の人の心臓病発作は普通の人の2倍、特に運動習慣の人、もっと気をつけて.

と、第三者のセックスは、第三者として、情熱と激しい行為、心臓部が高ストレス状態になりやすい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です