月経胃下垂期はチョコレートを食べて本当に太らない

信じて多くの人が聞いたことがあって、その時にもチョコレートは黒糖煮スープ,とにかく安心して食べて甘いものではなく、血行をよくすること化瘀、緩和することができます月経痛、そして月経に食べたこれらの高カロリーな甘いものは太りを恐れることはない、これは本当ですか.?

研究によって、高カロリーの甘い甘いものは確かに血液循環が増加し、平滑筋の収縮と血管のけいれんを軽減することができますので,胃下垂、痛みを緩和することができます.チョコレートに含まれる単糖でまた、砂糖が急速に人体に吸収して、そしてチョコ自体も含まれていくつかのカフェインは、女性の生理痛や月経期間には不眠症による軽い頭痛、頭重も緩和の役割.そして研究は指摘する、チョコレートに含まれて向上する脳内セロトニン(Serotonin)の濃度で、脳内セロトニンより、も感じさせるほどの積極的に楽観的で楽しい一面.もちろん、月経が来ても適用先日、出現する情緒不安定で、焦慮して憂鬱な経前症候群(PMS)から、月経期間にたくさん食べてチョコレートの言い方.

から月経時に外伝はチョコレートを食べて太らない、実は女性の月経期の場合、通常食欲低下、と月経が来る前の食欲旺盛で、体はむくみぶれば、体重が減少しやすい本来.実は、チョコレートの熱量は月経の関係がないため、吸収して,吸収して、つまり生理の間にチョコレートを食べることができて、しかし多く食べて買いだめの熱量はやはり同様のです.

もし1回食べすぎたチョコレートがチョコレートの大量の単糖体内に入り、インシュリンの分泌を刺激して大量に血糖瞬間に下がって、食欲を刺激して、もし恐らく太りたい時は補充して甘いもの、パスタ、全粒粉パン、オートなどのデンプン類食べ物を交えて期間.インスリンが大量に分泌されず、痛みを軽減する効果も同じだが、満腹感が高い、というよりも、女性月経月経時も痛みの効力を発揮することができる.

させたいなら毎月の週期のことを感じれば如意、飲食の上でチョコレート以外のほか、梅、トマト、パイナップル、クルミ、増加セロトニンに達し、制御経前症候群(PMS)で、熱はあまり高くなくて、は悪くない選択.

また、カルシウム、マグネシウム補給、亜鉛などのミネラルやビタミンB6、ビタミンEも効果的にPMSを緩和する.

pの月経期前には腹部や下肢むくん現象が出やすく、塩分の摂取を制限し、塩辛いの食べ物を食べて、漬ける、スモーキー.そんなときは多く食べてアズキハトムギの実のスープが富んで、小豆鉄分は利尿作用がある機能、ハトムギの実のは利湿の役割は、嫌なら自分でやるのが面倒を買ってもいいやいっそできあいの八宝粥を食べてもいい,
av女性用 媚薬.

は、月経前に食欲が大きいという問題、通常はホルモンの作用による、抑制、ビタミンEが少し改善することができます.くれぐれも、食欲を制限することは、容易には、感情をもたらしやすい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です