猿を飼う人や栄養カバの胃下垂機械人

アメリカ天国の動物園に、新たに行きましたねぇカバの飼育係.飼育係に古い彼に最初の授業で、彼は納得できない.聞いても確かにおかしい.老飼育係を彼に教えて、もしもしカバ過ぎない食べ物を恐れないでください、それがすいていないように、それは長くない.新の飼育員がこの話を聞いて、とても合点がいかない.と、世の中はどうしてそんな理屈があるために、動物が成長しないよう、もしもしすぎの食べ物.彼は聞いてない古い飼育員なら、一生懸命もしもし彼のあのカバ.彼の食べさせるカバの前で、至る所すべて食物.人々は全部彼の慈悲と善意に感じて.

しかし2ヶ月後、彼はやっと発見して、彼が飼っているこのカバ、本当に長くはないくらい.古い飼育係であまりもしもしのあの1匹が飛ぶように、長い.彼は二つのカバ自身の素質の差がある.

古い飼育係が何を言って彼と交代してねぇ.やがて、老飼育係のカバ、また彼のカバを超えたねぇ.彼はまったく理解に苦しむ.

古い飼育係の時だけずばり天機:もしもしのカバは、食べ物が欠けていないで、かえって蔑ろに食べ物を持っ、よく餌を食べない、自然に育つ.私のこのだけに、いつも食料の欠乏でしたので、それが非常に大切に大切にし、それをある程度、たくましい.大切のは1種の正常な反応で、甚だしきに至っては一種の促進、生活の中の必要ではなく、突飛な仮説.

日本の動物園に、長年飼ってサルの人は、食べ物をちゃんと並んでそこにではなく、苦心して、食べ物には木の穴に、サルはなかなか食べられ.食べないからこそ、かえって工夫サルだけを食べ、サルが一日中食べて考えると、ようやくマスターした木の枝で一生懸命いいから物を木の穴に足りて.

他人にも、非常に奇妙に飼ってサルの人は、このようにするサル,.

猿を飼う人と、この食べ物は食欲がないのは.いつもあなたに並べ、サルの手前、それを見るのもおっくうを見て、それも食べない.あなたはこの方法で行くねぇそれ、それは大変に足りていて食べて、それから食べる.あなたはもっとそれが届かない、それこそが一生懸命に十分.猿たちは難しいからこそそれ、それを得た時、やっと大切にする.大切にしてはよくないものを良いものになる.

猿を飼う人や栄養カバの人は日常生活の中からも見つけましたが、よくないする彼らの動物.あるいはとにかく、彼らに少し苦労で、マスター取らせ、努力だけが十分なものに、実は良いものは.

生活の中にたくさんのない私たちに必要なものは、私たちが届き、また非常に苦労して、まだ分からないが、私たちはやっと大切にして、やっとその貴重な.天下の多くのことを簡単に等しい、一旦、過剰、人々はそれを捨てて.それに関わらず、まだ少ない、その既存が降

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です