胃下垂時計台一枚银毫

昔一枚の一角で、彼が造幣局から出た時、彼は顔色がつやつやしている、踊りと:万歳!俺が広大な世界が上がった!そこで、彼はこの広い世界まで歩いてきた.
用の手を握っている彼は、守銭奴で貼って、冷たい手をつかんでいる彼.
老人に繰り返し彼を見て、人が彼を手にもって花落ち.この一角は銀のせいにし、銅の成分が少ない;彼はこの世界に来た一年の光陰に――つまり、鋳造彼のこの国に.
でもある日彼は海外旅行に行った.彼は彼の財布を旅行中最後一枚本国金.その紳士は、このお金に手が彼に.
私が一枚手に殘って自国の金!」彼は.それでは彼が私と一緒に旅行に行きました.
彼をこの枚入れて一毛は袋に行った時、一毛出すと音が響き、飛び上がる.彼は今といくつかの、これらの友達が行ったり来たり、殘し空席に記入後の人.でもこの枚本国一毛ばかりいたい袋には、これは1種の光栄.
数週間が過ぎた.この世界にはもう走って一毛遠くしてしまって、彼さえ知らない一体どこまで.彼はただ別の货幣から聞いて、彼らはフランス製のは、イタリア製の.一つは、彼らの○○都市と、もう一つは、彼らはある場所に.これらについての言い方が一毛見当もつかない.一人はまるで袋の中ではもちろん何も見えない.貨幣単位の場合こそこのように.
でもある日、彼に横たわっている袋にの時、彼は発見しないで袋掛け.だから彼はこっそり口まで登って、外を眺めていた数目面.彼がそうするべきだが、彼はとても好奇心をよくはこの好奇心の代償.彼はそっと滑ってズボンのポケットの中にまで、この夜、財布を取り出してなるの時、彼は一毛は元の場所に殘した.彼と他の服と共に、廊下に送られてました.彼はここに転がってきて、誰にも聴こえない彼は、だれも見ていない彼.
翌朝、これらの服はまた部屋に送りに来ました.その紳士を着た、彼の旅行を続け、この枚は後ろに殘される一毛.彼が発見されましたので、また出ざるを得ない人々のためにサービス.彼と一緒にまた3元で出かけた.
身の回りの物事は杭愉快なことと一毛.認識のたくさんの人とは知っている多くの風習は、楽しいことも杭.
これは何枚一毛?」そんな人だ.それはこの国のお金で、それは一枚の偽札が、少しもない.
一角のによって、彼は自分が話したのは、ここから.
――偽物でもない!この話は本当に私に!と言って一毛.
私は良い銀と、叩いて響いて、役印は本当に.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です