衰えを遅らせるの胃下垂六男の秘訣

素问?上古無邪気論』と人の寿を「天寿、できるだけで天寿を全うする,度百歳は行く.『尚書?洪範」も一曰曰寿、百二十歳も.しかし人は中高年の時期,胃下垂、腎臓の息の衰退、精気に現れたホロウ、抗えない生理的老化プロセス、多くの年配の病気は生理的老化の基礎の上で発生し、病理学的老化がまたを促進し過程.老化を遅らせるには、以下の点に注意しなければならない.機体は人体の臓腑の機能调摄活動を常に受けている精神の影響を引き起こすことができ情志過激、臓腑ガス機逆乱による様々な病変のため、注重して調神.素问?上古無邪気論、夫上古聖人の教えでも、全ての虚と邪すきま風、避けるの時には、淡い虚無で、ひどいからの、精神で守って、病気は不安がこれまで.つまり内部ひどい情志刺激を避けるために、常に楽しい楽しい、それによって保養精、ガス、神、逆は腎臓の息の影響で、特に驚き思慮の下で、更に損や腎臓の精気.同時に自分の性情を陶冶しなければ、例えば丹書画、習本楷書、または声高らかに歌って、精神を安らぎいいて.動は運動、活動;静は内養、リラックスの意.老人保健は十分に休息を保証するために、十分な睡眠は、ポリ精心を休める.しかしもしひたすらことが動かなくて、血気の流れが悪く、天寿も損.特に中高年に入って、臓腑の機能が衰えて、抵抗力が低下し、虚邪すきま風揚げ足を取る、きわめて容易な発生の各種の疾病のため、修養の道は、常にし小労が、莫大疲れや強い堪耳がない(『備えなければ急千金方」).毎朝体操をし、ボクシングなどのイベント、夜練いくつかリラックス類の仕事の原理.静かで行うには主として、兼スポーツ、動静の結合させ、人体の各組織細胞が復位、細胞老化を遅らせる、腎臓の精気を充実して、病気を取り除き、寿命を延ばす.適度な食の好みの虚弱高齢者はいっそう際立って、胃腸の機能に減退するべきで、暴飲暴食するべきで、偏好五味、冷たい、肥甘の品、宜しく食用の容易に消化して強引に食品(例えば油揚げの食品).どんなに飢えるになっても、気にしてもいい.五味偏好、酒肉過、鹿も傷脾臓ガス、水穀の吸収に影響され、臓腑の機能の乱れなど諸病や早老.慎は寒暑人ある程度年齢で腎臓の息の衰退後、外部の環境変化の適応性、ストレス性に劣る、きわめて容易さのほか邪に襲われ,腎臓の息の傷、疾病を誘発し.灵枢?本神にいわく、故知者の養生も、必ず顺四時に適寒暑.暑いから、服を汗をかく時、風の脱衣にならない.至る所に自然に変化し、それに対応し、養生は逆其時、ひどい内は守って、腠理緻密で、邪无由傷つく.性欲コントロール腎臓の精液は人体の出産繁殖の基本構成物質、一定の年齢に、きっと節制性欲、例えばたち泄精を相火妄動、傷腎損の陰、起こる一連の腎虚症状が長くて、うわぎ天寿.だから素问?上古無邪気論を「酒をのりでよく、気まぐれで、酔って部屋をし尽くすその精、消失するその本当にかいっぱい、持ってない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です