6種類の胃下垂薬を食べた男「傷性」

6種類の薬を食べた男傷性医網要旨:男の人は年をとると、体が免れない小さな問題が出て、投薬治療.しかしいくつか薬物を服用しないならば、科学や身につけない注意事項、大量の長期使用、最終まで傷つけ可能性機能を引き起こすインポテンツ、薬物性.だから、男を理解するべきで、いくつかの共通の傷性が薬を起こさないように、性の問題の時に見つからない原因で、同時に深刻な性の機能の障害が起きないように.男の人は年をとると、体が免れない小さな問題が出て、投薬治療.しかしいくつか薬物を服用しないならば、科学や身につけない注意事項、大量の長期使用、最終まで傷つけ可能性機能を引き起こすインポテンツ、薬物性.だから、男を理解するべきで、いくつかの共通性の傷が薬を起こさないように、性の問題の時に見つからない原因で、同時に深刻な性の機能の障害が起きないように.臨床の上を引き起こすことができますインポテンツのよくある薬は6種類.一つは薬の作用に心血管.例えば抗高血圧の胍乙啶、利血平、クロニジン、甲基多巴ので不安など、強い心心臓や調節機能のジゴキシン、ジギタリス、強い心ニンなど、利尿作用がある速尿、利尿酸など.長期服用この類の薬物を増やすことができる睾丸のケトン肝臓のクリアランス率など、性欲減退、射精困難やインポテンツ.2は鎮静、麻酔、鎮痛薬.例えば鎮静催眠の利眠寧、メタクアロン;麻酔や痛みのヘロイン、モルヒネなど.これらの薬物使用時間が長すぎて、一方では癖になりやすい、一方で抑制性的興奮性脳の妨害を見分ける能力を促すホルモンの分泌機能低下性.三はホルモンの薬.主はエストロゲン、安宮黄体ホルモンなど、対抗した男性ホルモンの生理作用も、性欲減退、射精してあるいはインポテンツ、さまざまな男性ホルモンの大量長期使用を引き起こすことができる睾丸萎縮、睾丸合成と分泌雄激素レベルを下げる.四類は精神薬:冬眠霊、プロメタ嗪、丙みい嗪、チオリダジン、アミトリプチリン、炭酸リチウム、フッ素奮は静、フェノールキノリジン、モノアミン酸化酵素抑制剤、フッ素哌定ノールなどを起こすことができる、射精困難、睾丸ホルモンの分泌がなえて、内分泌障害やインポテンツ.5はよくある薬:コカイン(咳止め薬)、エチオナミドとイソニアジド(抗結核薬)、泰胃美(治胃潰瘍薬)、モルヒネ(鎮痛剤)、撲爾敏、試合庚定など.6はいくつかの他の薬
.例えばインドメタシン、甲氧普アミン、麦角新碱、アトロピンなど漢方薬は絶対安全で、たとえばちも、胃下垂、オウバク低減性神経興奮.注目すべきは、以上の薬は一度使って即ち男の性機能の影響で、通常長期または大線量使用後が現れる可能性の機能の障害.薬物による性機能の変更は、通常は適時に止まって薬の後性機能を回復できる.でも本当には病気であり、この薬の時は使うのは結局、健康的な重要なより、ただ薬は慎重に、最も医師が行う選択適切な薬物と適切な薬量.多くの人達に探してインポテンツ特効薬治療が、効果はあまり、臨床の上で多くの薬は、性機能の異なる程度の作用を抑制することがあって、そして薬のためによるインポテンツ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です