胃下垂と胃アトニー

胃下垂とは、胃が正常な位置より常に下がっている状態のことをいいます。
胃下垂だけの場合には、自覚症状はほとんどないです。胃下垂があって、胃壁の筋肉の緊張が低下し、胃の働きが鈍くる状態を胃アトニーといいます。胃アトニーになると、胃の痛みや膨満感、食後のむかつき、食欲不振、精神疲労、腰痛、吐き気、げっぷ、大便の不正常などがおこります。

胃下垂になる主な原因としていくつかありますがまず1つ目は「暴飲暴食」です。暴飲暴食することによって消化吸収が上手くできずに胃に食べた物がたくさんたまり、胃が重くなってしまうので胃が下に下がります。

2つ目の原因は「疲労やストレス」です。緊張やストレスにさらされることによって胃に入った食べ物を消化する機能が弱まってしまいます。それによって胃の機能が低下して胃下垂になってしまいます。

そして3つ目の原因は「腹筋が弱くなっている」ことです。腹筋が弱くなると本来肋骨の中に入っているはずの内蔵が下に落ちてしまい、元の位置に戻らなくなりそれが原因で胃下垂になります。
その他として骨、特に肋骨が歪んだり、両側の肋骨が縮んでスペースが狭くなることで本来肋骨の中に入るべき内蔵が下に押し出されてしまうために起きることもあります。単に食生活が原因ではなく、様々なことが原因になっているのです。

シアリス>シアリスの有効成分は『タダラフィル』です。タダラフィルの効果によって、陰茎内に一時的に血液の流入が増すため、勃起を促すことが出来るのです。シアリスのことを”新しいED治療薬”と呼ぶクリニックも多く存在します。

レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。

精力活性化

ぼっき薬・ぼっきふぜんの原因

男性精力減退の改善